私に似合う、ときめくコートを選ぼう!〜ときめき☆お茶会〜

冬のコート選び
目次

2022年最後 ときめき☆お茶会開催します!

日時:2022年12月26日(月)

時間:10時〜12時

会場:Refiend/リファインド:札幌市東区北15条東1丁目

※お申し込みの方に、詳細なご住所などご案内いたします。

今回のテーマは

『ときめく冬のコート選び』

冬のコート選び

買うハードルが高く、お値段も高くなりやすい冬コート。

お値段が張るから、買うのに勇気がいる

高いから、絶対に似合うコートがほしい!

そうお考えの方も多いと思います。

似合うコートを見つけるために

お茶会では参加者さんが欲しいコートの商品サイトや画像などで拝見しつつ

私からプロの視点を踏まえ、おひとりお一人似合うポイントのアドバイスをします。

ほかの参加者さんのアドバイスも聞けるから、

「私とはこんな風に違うんだ」とか

「私も同じ〜!」という比較もとても役に立ちます。

時期的にプレセールやお正月のセールで

ときめくコートをGETできるかもしれませんね!

お茶会のコンセプト

基本的なお茶会のコンセプトは

・参加者さん同士が何度が会ううちに仲良くなれたらいいな

・私も皆さんに何度も会えたらいいな

がコンセプト。

参加費は気軽に参加しやすい

1500円(税込)

先着5名様

事前のお振込みをお願いしております。

キャンセルは受け付けませんが、欠席の場合もお似合いになるポイントは個別でフォローします

ご自身の診断結果をご存知の方でも

自分の診断結果を知らなくても

別のサロンで診断を受けていてもウェルカムです❤️


ちょっと私のことをお話しすると

シングルマザーとして小3の息子を育てています。

自営業をしていたら新しい学びやスキルを磨くのに

子どもよりも私の方がいわゆる「塾代」がかかります。

真剣な大人の習いごとは高い!

もちろん日々の生活費や、将来の貯蓄など、心配する内容は多くのかたと同じです。

だからイメージコンサルタントをしているからといって

そんなにファッションにかけられるゆとりが、あるわけじゃありません。


思い起こせは20年前

独身で実家暮らしでした。

だからお金も今よりも自由。

だけど、似合う色も服も髪型もなんにもわからなかったあの頃。

、適当に洋服を選んでました。

そのせいで買ったけど着なくなる服ってやっぱり多かったです。

そして割といい値段であっても「似合ってるね」という言葉をかけてもらった記憶はほどんどありません(涙)


でも、今は似合うものの選び方がわかり、おしゃれすることが楽しくなりました。

「素敵〜」と言われることも、ありがたいことに本当に増えました。

洋服やファッションにかける金額は減ったのに、今の方がファッションへの満足度が5倍は高くなっています。

それもこれも、自分の軸がわかる様になったからです。


大袈裟にきこえるかもしれませんが、褒められる経験がつみかさなると毎日生きるのが、徐々に楽しくなってきます。

それと同時におしゃれを楽しめる私自身を大切にできている感覚も育ちました。

さらに今の私に見合った出来事や、人との出会いがおとづれてくれるのも感じてます。

人にいい印象を持ってもらうのは、そんな人との縁が繋がるための第一歩。

だから

  • お金の余裕がなくても
  • 第一印象を良くするためにも
  • 素敵なご縁に恵まれるためにも

私はそれなりの服を着ていたいです。

冬のコート選び

私と一緒に一緒にアナタに似合うコートを選びませんか?

お申し込みはこちら

私のときめくコートを選ぼう!ときめき☆お茶会

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自分の人生だもん、もっとトキメキたい!
そんな毎日を送りたい女性のための【着こなし美人ナビゲーター】です。

学生時代は女子カーストの底辺。
自分に自信もなくて、センスもない。

おしゃれな雑誌や友人のマネをしても、私にはなぜか似合わない。
でもどうして似合わないのかわからない。

私自身がそんな悩みをもち、35年間を過ごしました。

ところがパーソナルカラーや骨格・顔など、自分自身を知ることで、センスがなくてもおしゃれは楽しめることに気がつきます。

理論がわかるとおしゃれを楽しめる事実に衝撃をうけました。

似合うものが自分で選べる、小さな成功体験が、少しずつ自信を与えてくれます。

もし自分に自信がない、センスが無いと悩む『おしゃれ迷子、おしゃれ初心者』の方でも大丈夫。

まだ気が付いていない「あなただけのときめくファッション」が必ずあります。

そんな『着こなし美人』になる方法を、レッスンでわかりやすくお伝えています。

コメント

コメントする

目次